クリーンコートの安全性について

クリーンコートに使われている技術は医療機器製造業界、一般工業界で数多く応用されている
技術を元に、完成した義歯の物性を全く損なうことなく加工できる様に改良された方法です。
血液透析器、人工心肺、医療用カテーテル製造装置など数多くに導入されています。
成分
JIS T 0304:2002に準じたPFOS及びPFOA溶出試験結果
製品名 成分
ベースリキッド シラン系化合物
フィニッシュリキッド フッ素、フッ素系溶剤
クリーンウォッシュ 界面活性剤、水
試料名 試験回数 PFOS溶出量 ng/cm2 PFOA溶出量 ng/cm2
弊社作成試験片 1 一回目 不検出 不検出
同上        2 二回目 不検出 不検出
同上        3 三回目 不検出 不検出
定量下限値
0.03 0.05

PFOS(パーフルオロオクタンスルフォン酸)、PFOA(パーフルオロオクタン酸)は、
フッ素を含む人工有機フッ素化合物デ、水溶性であるが人体に蓄積する可能性が
あるためEUでは素材、表面処理、製品に規制値が定められています。
国内第三者機関での検査により、クリーンコートは人体、環境に影響する上記物質を
検出しておりません。安心してご使用いただけます。

(財) 化学物質評価研究
試料名 試験回数    PFOS濃度 ng/L     PFOA濃度 ng/L    
弊社作成試験片 4  一回目 不検出 不検出
弊社作成試験片 5 二回目 不検出 不検出
弊社作成試験片 6 三回目 不検出 不検出
定量下限値
10